金融ガイド・・・総量規制

総量規制の問題点についての詳細情報

総量規制とは、キャッシングやクレジットカードなどの借り入れの際に年収の3分の1までしか借り入れをする事が出来ないという、法律でを限度額を設けている事をさします。
総量規制の問題点としては、現在消費者金融から借り入れを行っている人の中で、3〜4割の人が年収の3分の1以上の借り入れを行っていると言う事です。
そして、その債務者が新規に他の消費者金融で借入が出来ない事で、闇金から融資を受ける人も少なくないのではないかという見解もあります。
総量規制をする事により、闇金業者で融資を受けさらに借金が膨大になってしまっては元も高もありません。

しかし、中には仕方ない人もいる中でどんどん闇金利用者の数を増やしていく恐れがあるのです。
闇金は審査が非常に簡単で誰でも融資を受ける事が出来ます。そして法律で年収の3分の1までの借り入れしか出来ないと定められているのにも関わらず、高額な融資を受ける事が出来、その後の返済に追い込まれる事もあり得る話です。
その為それが総量規制の問題点であると言えるのです。

この総量規制によって専業主婦が借り入れを行う際も厳しい審査が必要になり、審査が通らなければ消費者金融も利用者が減り、審査が甘すぎる闇金業者で融資を受けることになる場合も多くなりますので、闇金業者が一番喜ぶ規制となっているのも事実なのです。

住宅ローン借り換えをお考えの方はこちら

住宅ローン借り換え手数料安い銀行は?諸費用比較【相場いくら?】
住宅ローン借り換えの手数料に注目して、諸費用が安くて損しない銀行をピックアップ!住宅ローン借り換えで毎月の返済負担を軽くしたいという方必見。金利だけじゃなく手数料を比較するのがコツです!
www.refinancing-commission.com/

住宅ローン
Copyright 2011 検証!住宅ローン借り換えタイミング, Inc.