ローン契約の基礎

ローン契約|対人担保など

ローン契約と対人担保についてですが、ローンの契約を行う際に対人担保という契約も一緒に行う事があります。

この対人担保契約とは人的担保と呼ばれ、債務者が何らかの理由でローンの返済が出来なくなってしまった場合、この対人担保設定をされた個人がその債務者に代わってローン全額の返済を行うという契約です。

また債務者総財産全てが担保となります。
対人担保は個人信用情報組合で審査に通った個人のみ対人担保として契約することが出来ます。
また債務者が無断でローンの返済を滞らせたり、返済する意思がなく放置をした場合でも対人担保に設定された個人が返済を余儀なくされますので、対人担保設定に登録をしたいという個人はあまりいないのが現状です。

そのため家族間や親類間での対人担保設定が多いのも現状です。用は保証人や連帯保証人と言った役割であるとも言えます。
ローン契約にあたり、保証人や保証会社への申請は必須事項になりますが、ローン返済にあたり、無理のない範囲で、保証人となる個人や保証会社に迷惑をかけない事が重要です。
現在では、対人担保に設定することにより深刻なトラブルに見舞われたりする事もありましたが、現在でもトラブルはつきものです。

そのためにも対人担保に設定される個人も、相手に返済能力があるかどうかを見極めたりすることも重要であります。

住宅ローンはこちらを参考に!

住宅ローンで悩んでいる方、低金利で繰上げ返済手数料や保証料無料などサービスが充実、借り換えでも人気の新生銀行パワースマート住宅ローンはいかがですか?こちらのサイトでは新生銀行住宅ローンについて詳しく調べてみました。ぜひ参考にして下さい。

住宅ローン
Copyright 2011 検証!住宅ローン借り換えタイミング, Inc.