住宅ローン審査に落ちた!

住宅ローンの審査に落ちたらどうすればいい?

今までの人生の中で一番高く大きな商品ともいえる、大事な住宅ローンをどんな点に注意して選びましたか。

将来に備えてお金を借りる銀行を探し中の方も、まずは実際に住宅ローン審査が通りやすい銀行や信用金庫利用している方の口コミを参考にしてみると良いでしょう。どれだけいい住宅ローンがあっても審査に落ちたり通らなかったら意味がありません。

近年、注目を集めているのは新生銀行なのをご存知ですか。

人気の秘訣は何といっても金利の安さにあるでしょう。

また繰り上げ返済時の手数料や保証料が無料で、今ならキャンペーン中なのでとてもお勧めです。

但し申込みをしたのにスタッフが不在だったなど不評もあります。

直接、店舗に行って話を聞いてみたりすると理解も深まるでしょう。

自分の家を購入したい!と考えた時資金関係で役立つのは住宅ローンです。

銀行や信用金庫からローンの申し込みは出来ますがまず不動産屋に行く人が多いと思うので不動産屋と提携しているとか、審査に落ちやすいという口コミの良い金融機関に申請しても良いでしょう。

返済期間に関しては人それぞれになりますが一番長いもので最長35年が選べます。

だけども、申請者の年齢によってこの期間を選べない可能性もあります。

おおかた、40歳オーバーの申請から難しいケースが多くあるようです。

住宅ローンの返済を毎月されている方の中にはそろそろ審査に通る住宅ローン借り換えについて具体的に検討し始めたのではないでしょうか。

住宅ローン借り換えとは、違う金融機関に住宅ローンを移す事です。

借り換えをすると、返済期間が短くなることもですが、借り換えは誰にでも良い物という訳ではありません。

なぜなら、借り換えに数十万単位の諸費用が必要になります。

無料で借り換えができる銀行はありません。

借り換えしようかなと願うならそれらの事案も含め、住宅ローン返済シュミーションなどを利用し人気の高い審査が通りやすい銀行などいおいてあなたが借り換えをした場合メリットがでるのかどうかしっかり計算しましょう。

タワーマンションに住む事は憧れだと思います。

ですが、その前に必ず住宅ローンの審査が必要です。

現金一括で支払いが出来れば何も問題はありませんが現実的に見て、そういった場合は少ないでしょう。

ですから、一般的には利率や条件、審査の通りやすいなど自分の望む条件を満たした銀行の住宅ローンを申し込む方が多いです。

住宅ローン審査は、数あるローンの中でも一番厳しいと言われています。ですから審査に落ちたという方もたくさんいらっしゃいます。

35年という長い月日の支払いが生じる訳ですから、中には審査通る人もいれば審査に落ちる人もいらっしゃいます。

住宅ローンの審査に落ちるその理由として一番大きいのがやはり収入面です。とおらなかったらどうすればいいのかというのが一番の問題になります。

参考:住宅ローン審査落ちた!審査基準甘い銀行とは?【通らない理由】

住宅ローンを通過するには、最低でも300万以上の年収が必要だと言われています。

ただ300万円以上あれば良いという訳でなく、勤続年数・どのぐらいの規模の会社か。

という事も重要なポイントです。

住宅ローン審査が厳しいものや厳しいものなど特色があります。

通常新築を検討した場合ローンを借りますが、その中でもつなぎ融資という一つのローンをご存知でしょうか。

この仕組みは、家を建てたいけど必要経費が足りない時など一時的に補う目的で借りるローンの事です。

大抵の場合本名ローンは家が完成してからしか始まらないので建設中の間は、そうした融資を受ける人もいます。

こちらは、通常金利と比べてもとても高く一日毎に計算されるので取り急ぎ、本命ローンを申請する必要があります。

まずは信用できる銀行を探ましょう。

そしてしっかりと内容を確認した上で後から「あれ?こんなはずじゃない!」なんて負担に困ってしまうことがないよう、綿密な計画を立ててくださいね。

将来、家を建てる予定のある方も既にローンの申請が終わった方も注意したいのがオーバーローンにならないようにする事です。

住宅ローン通りやすいところもありますが注意が必要です。

どのような理由があるとしても家を購入するためのものなので、他の目的で使用してしまうと法律違反で逮捕されてしまいます。

それにより、用意すべき費用はいくらなのか?仲介に入ってくれる方にもよく確認しておきましょう。

たとえば契約した借入れ内容に不具合があれば紹介した不動産会社は今後仕事が出来なくなる可能性があります。

こうしたデメリットやリスクも合わせた上で検討し、後悔しない納得のいく選択を心がけましょう。

マイホームの資金調達として役立つ住宅ローン、受付は、銀行や信用金庫の窓口で承っています。

申し込みの際には、様々な資料が必要になります。

やはり、最長35年という長い期間、大きな現金を貸すわけですから銀行側もあなたの年収や勤続年数をしっかりと審査をします。

という訳で、審査が通りやすい銀行にでも申請をしておけば必ず通る。

といった様な簡単なものではありません。

審査通ると思ってたのに落ちたという場合もあり得ます。

よく言われてるようなありがちな基準は、勤続年数3年以上・年収で審査に落ちた場合は300万以上が年収の最低ラインと言われています。

万が一、住宅ローン審査が通りやすい銀行で借入できても返済している時に失業した場合未完済のまま終わってしまうのでしょうか。

このような場合に備えて、考えておくと安心です。

まずは、焦らずに自分が今置かれている状況を把握しましょう。

辞めることになった原因は、会社にあるのか自分にあるのか、これによって退職給付金の支給額が大きく変わるからです。

職場の事由であれば、失業手当が1年間支給されるはずなのでもう一度職場探しをしながら残りを返済に充てると良いでしょう。

ただローンは一度でも延滞してしまうと、破綻せざるを得ないので優先順位を考えて行動するようにしましょう。

 

住宅ローンの審査基準が甘い銀行とは?

住宅ローンを借りたいけれど金利が少しでもやすい銀行で申請したいと思うでしょう。

そんな訳で、少しでも手数料が安い安心できるおすすめの住宅ローン審査通りやすいといわれる銀行をご紹介したいと思います。

実は『イオン銀行住宅ローン』が今、最も注目されているのです。

どこよりも金利の安さが他の商品を上回り、更に、イオンにてショッピングしたときの得な特典として会員だからこそ利用できる割引サービスは嬉しいですね。

賞与が入った時の繰上げ返済の手数料も0円です。

気になる銀行があれば、比較してみましょう。

これから住宅ローン審査が通りやすい銀行などでを組む予定のある方に、ちゃんと下調べをしてからボーナス払いを利用しないと痛い目にあうかもしれません。

大きなお金が入った時にまとめて返す事が出来れば、月に返すお金が減るのでとても楽になります。

でも今は、賞与が出ない会社も多いんですよね(涙)年によって全く出ないなんて事もあるかもしれません。

なので始めからボーナスも返済に入れている人の割合は、案外少なくトータルで見ても半分以下の方しかいないのです。

もし不安な方は、まとまったお金が入った時に利用出来る便利な繰上げ返済を利用してみると良いですね。

住宅ローン審査が通りやすい銀行や信用金庫で借りたとします。

ですがそのローンが残っているのに離婚するような事になったら、どちらが残りの返済をするようになるのでしょうか。

特に未成年の子供がいる家庭の場合、ローンだけでなく夫婦としては別れても子供を養う責任があります。

まず、名義人や連帯保証人などの契約内容を調べ後で問題が起こらないよう夫婦でしっかり話し合いをしましょう。

家を売ってお金にするという方法もありますが、売る価格よりもローンの方が上回ってしまうと、返済を余儀なくされてしまうケースが多いです。

よく話し合ってお互いが後悔のない決断をしたいものですね。

自分の城(マイホーム)を持つというのはやはり願っている人は多いのではないでしょうか?しかし、家は数千万単位する大きな買い物です。

「お金あるのですぐ支払えます!」という様なことはまず難しいでしょう。

それでは、住宅ローンを組むにはどうすればいいのか?どこから借金をするのか?多種多様なやり方がありますが、おすすめなのは銀行や信用金庫といったところでしょう。

審査が厳しいところもあれば落ちたという口コミもありますが。

どこから借り入れしようか、自分で悩んでも良いのですが銀行と不動産屋が協力している場合もあるので、不動産屋に全てお願いしても良いと思います。

家を購入する際、資金の面で大変頼りになるのが住宅ローンです。

希望される場合は、お近くの銀行・信用金庫他には審査に落ちやすいのならネットバンクなどからも申し込み可能です。

ですが、どこでも融資可能かどうかの審査があります。

重要とみなされるところは職業と勤続年数、そして年収が主なポイントです。

また、一見関係なさそうな過去の金銭トラブル等も判断されるので「私ダメかもしれない・・」ともし心当たりがある場合は最初にそちらをちゃんとしてから申し込みするといいですね。

将来、中古でも新築でも家を購入される場合は殆どの場合、火災保険の手続きも一緒に行います。

もし住宅ローン審査に落ちやすいものでも、家のローンも支払わなければならないのに、高いお金を払う必要があるのかと思う方も多いでしょう。

かと言って、いつ家事になって家が無くなるかも分りませんし「保険料がもったいない」等、加入しなければ、他の経費と合わせてこのローンも払っていくしかないのです。

このような事にならないように、加入しておけば貴方もローンを貸した側も負担を背負うことなく済むのです。

なので是非、申込みをされる事をお勧めします。

自分の家が欲しい方、住宅ローンの借入れを考えている方は次のポイントを押さえておくと良いでしょう。

生涯の中で一番大きな買い物とも言えるかもしれません。

そのため利息や利子の安さだけで判断しないように!総合でいくら返済すべきかこれを確認する事をおすすめします。

どんなにお得な金利で申込みをしても手数料や諸費用がかかると、しまいには、返済する金額が増えていたという事もあるからです。

変動金利を選ぶか固定にするかによって金額が変わるので、長い目で考えてどれが一番良い選択かを見極めましょう。

住宅ローン審査に落ちるとお金は借りれませんので、審査が厳しい所など探してみるのもいいですね。

良くも悪くも実際の利用者の声を参考にすると良いでしょう。

 

住宅ローン
Copyright 2011 検証!住宅ローン借り換えタイミング, Inc.